<< no title | main | 初プール >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

嬉しかったこと。

DVC00051.jpg
7月5日(月) 天気:晴れ
毎日毎日、暑いですね。梅雨は、いつ明けるのか…もう、7月ですよ(*_*)
ところで以前にもブログに登場した人物なのでみなさんもご存知方もいるかとおもいますが、父ちゃんの妹の下のこども(ほーちゃん)が土曜日に喘息を起こして、かつていーちゃんがたびたび入院していた近所の病院の小児科に入院となりました。
それで、昨日ほーちゃんのお見舞いに行ったらその時の主治医の先生とか看護師さんがいて…本当は、先生や看護師さんに挨拶ぐらいしたらいいのだろうけど先生に関してはまだ引きずるところもあり、あえて挨拶はしませんでした(向こうも気づいて無かったし)。いーちゃんが亡くなってまる三年が過ぎ、正直いーちゃんや私のことなんてみんな忘れているんだろうと思っていました。
で、準夜のほーちゃんの病室の担当の人が、いーちゃんが居たときにいた看護師さんでした。その看護師さんは、いーちゃんのことをとても可愛がってくれていた人のうちの一人で検温が終わり去り際に「えっ、ママ?!」とビックリした様子で声をかけてくれました。それから、少しあの頃の話をしたりしました。看護師さんは、いーちゃんのことをよく思いだすんだとか…いーちゃんに妹が生まれたことを言うと写メを見せてって言われたので見せたら「いーちゃんに、面影があるね」って言って優しく微笑んでくれました(^o^)すごく嬉しかったなぁO(≧∇≦)oだって、いーちゃんが亡くなってからいーちゃんのことを口に出してくれる人なんていないから。それに、身近な人でさえ咲葉の成長を見て「二人目は違うね」とか言うんですよ!!正直、私たちだけ覚えていたらいいやって言うてたので時々でも思い出してくれる看護師さんの気持ちが嬉しかった。
病棟に行って、久々にいーちゃんの映像を見たくなって一人で見ながら携帯からブログを書いてました。
画面に映るいーちゃんは、まだとても小さく…表情は無表情だけどミルクを少しずつ口から飲んで、とても力強く生きています。あのときは、どうしていいかわからず毎日が手探り状態で不安がいっぱいで…でも、家族みんなでいられることが幸せだったなぁ。それは、今でも同じだけどやっぱりいーちゃんがいるのといないのとじゃわけが違う…。何かこんなことばっかり書いていたらいーちゃんに逢いたくなってきました(>_<)そう言えば、少し前のこと…父ちゃんと二人で、こどもが寝た後にテレビを見ながら話をしていたら、いーちゃんのキティと鈴が入った小さなビーチボールが風も吹いてないのに転がりました。いーちゃんが近くに居たのかなぁ。だったら嬉しいなo(^-^)o
もうすぐ七夕…織り姫と彦星のように一年に一度でもいいから、いーちゃんに逢わせてほしいなぁ。
夢でもいいから…(-_-)
では、今日はこの辺で…。
posted by: いーちゃんママ | - | 00:54 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:54 | - | - |
コメント