スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

退院〜

3月4日(日) 天気晴れ

今日は、最近のことから書きたいと思います鉛筆2
3月2日、この日は看護学生時代お付き合いのあるお友達と用事で看護学校に行きました。先生もすっかり新顔の先生が多く知ってる先生は少なかったです。
この日は、お互い子供も連れて行きました。先生は、いーちゃんのことを知っています。何故か?近くのかかりつけのT病院は、学生の実習病院(小児科)で外来の通院中に毎月会っていたからです。はじめ、先生はいーちゃんのことを聴いてビックリしていましたが応援してくれていました楽しいこの日も、いーちゃんのことを聴かれ・・・「1月に亡くなりました。」と言うととても驚いて、悲しんでくれました。そして、私に「よく頑張ったね」って言ってくれました。いーちゃんのアルバムも見ていただき、ちゃっかりブログの紹介もしてきましたチョキ
そして、帰りに友達のおごりでランチディナーそして、子供たちを公園に連れて行きました子供走り回って元気に遊んでいました。その帰りに、買い物に行き夕飯の買い物、そして、翌日のひな祭りを控えケーキを買ってくれましたケーキ早速、うちに帰り4人で1日早いひな祭りぴかぴか彩ちゃんとうちのお姉ちゃんを写真に・・・もちろん、いーちゃんもバックに入って撮影カメラどんっケーキは、いーちゃんの分を切ってあとは4人でそのままつついて食べましたモグモグあきちゃん、いつもゴチになってすいません汗本当に、ごちそうさまでした〜楽しい


3月3日、この日は私の従姉とお姉ちゃんとお出かけ車思わず、服を購入しました。年甲斐もなく、ショートパンツ(膝上10cmくらいかな…ひやひや)を買いましたあせあせ4月で30歳・・・少し若返ることも必要かなぁなんてたらーっ
この日は、ひな祭りおはなうちの食卓は、こんな感じでした。一応、手作りですぴかぴかでも、かなり手抜き・・・イヒヒちらし寿司は、混ぜるだけ・・・から揚げも、買ったもので、お吸い物も市販のもの・・・。唯一手作りは、錦糸玉子かなぁたらーっ父ちゃん、お姉ちゃんごめんなさいショック来年は、ちゃんとしますね汗

そして、夜中・・・お姉ちゃんが寝て、土曜日と言うこともあり父ちゃんとビールを飲みながら何となくテレビをつけてみたテレビすると、途中からで何の病気の子かわからないけどやっていて釘付け・・・。その子は、男の子で「かずくん」と言う子でした。かずくんは、余命2ヶ月と宣告されママに「妹が欲しい」と頼んだそうです。それで、ママたちには妹を宿りかずくんは結局、妹が生まれる2日前に急変してお空に還ってしまいました。お葬式が終わった夜に、陣痛が起き緊急手術だったそうです。そして、かずくんが名づけた名前を妹につけていました。かずくんがなくなる一部始終を映していて、いーちゃんと照らし合わせて二人で泣いてしまいました悲しい本当に、いろいろな病気があって子供を亡くして悲しむ親っているもんなんだと思いました。

3月4日、今日は父ちゃんと母ちゃんの結婚記念日抱擁とは言うものの、何もすることも無く[:がく〜:]暖かかったし、お姉ちゃんを連れ出そうと言うが行動し始めが遅く行くあても無くただただ車を走らせ結局、デパートに行きましたあせあせそこは、大きな水槽がたくさんあるペットショップ魚「水族館だよ〜」なんて言いながら、探索しけっこうお姉ちゃんも喜んでくれましたぴかぴかそして、ブラブラ買い物したり、ゲームをしたり・・・ラーメンを食べて帰りました家

あ〜、前置きが長かったんですが本題に入りましょう鉛筆2
4月14日、この日はいーちゃんのところに行かずお姉ちゃんと過ごしました。いーちゃんは、落ち着いてるみたいで無呼吸の回数も減っているようでした。

4月15日、この日は発作も無く久々のお風呂でした温泉はじめは泣いていましたが、気持ち良さそうに入浴していました嬉しいこの日から、ミルクが再開でも、やっぱり何回か吐いちゃいました[:がく〜:]

4月16日、この日は日曜で父ちゃんと行きました。前日に吐いたのでミルクは中止になりました。アトロピンの量を少し増やし、お昼からミルク再開。吐かずに注入できました楽しいでも、口から飲んでいないせいかチュパチュパさせて物足りなさそうでした。

4月17日、この日はお姉ちゃんの用事でいーちゃんのところはお休み。電話で様子を聞くとやはり、吐いてるみたいでした。アトロピン効果は、いまいち・・・手術になるかもって思い始めた頃でしたムニョムニョ

4月18日、この日は先生とお話しがあるので父ちゃんと二人で病院に行きました。やはりはいてる様子。「アトロピンも限界かも」という内容でした[:がく〜:]手術した方が良いということでしたが、先生も悩んでいました。まず、「呼吸器が外せなくなるかも」そして、「手術に耐えられないかも」ということでした。でも、私たちは手術を先生に託し帰宅。翌日手術することになりました。

4月19日、この日は幽門狭窄の手術当日でした。やはり、挿管が困難で手術の出だしは遅れたようでした。でも、いーちゃんの体力的なことを考えて狭窄部位の上を切っていただいたため短時間で終わりましたパクッ当初は、抜管できないかもということでしたが自発呼吸もあって、抜管して帰ってきました拍手これには、先生たちもビックリでしたびっくり

4月20日、この日は目もしっかり開けて話しかけると目を合わせてくれましたラブ傷は、目立ちますがこれも頑張った証。いーちゃん、すごいぞ!!この日はお昼からミルクも開始。10ccずつだったけど、吐かずに調子よくいっていました。

4月21日、この日は明け方から無呼吸が頻繁にあったようです。夜に父ちゃんと先生のところへ・・・。シビアな話でした。手術も成功で、元気になった矢先のことでショックでしたショックでも、行って抱っこしても落ち着いていました。先生によると、無呼吸の入り方が中枢性のものと似てるということでした。そうならば、これから先回数も増えてくるだろうし、手のつけようが無いということでした。先生も辛かったからか、泣きそうに話していました。でも、中枢性なら予測不可能な分、期待も持てるから奇跡を信じることにしましたニコニコ

4月22日、この日は経過は良好でしたが無呼吸があるためミルクは10ccになりました下向き体重もずいぶん減って、2070gでした[:がく〜:]
ミルクの制限もあり、かなり無きちらし不満爆発だったようですたらーっ

4月23日、この日はお母さんのお姉さん(母ちゃんの叔母さん)がはるばる長崎からいーちゃんに会いに来てくれましたぴかぴかこの日は、SPO2も不安定だったようですが自力で回復。久々の抱っこで口からミルクでした
10ccなんてあっという間になくなりましたわーいこの日の体重2100g

今日は、ここまで嬉しいいろんな事があっても頑張ってるいーちゃんでした。この頃の病院での写真が無く、載せれなくてすいません。字だけのつまらないものですが、読んでいただけたら嬉しいなぁぴかぴか「いーちゃんの日記」なのにいーちゃんがいないには味気ないので、いーちゃんの写真を少し載せますねウィンク

また少しづつ更新しますのでよろしくお願いしますね。
posted by: いーちゃんママ | 退院〜 | 23:41 | comments(18) | trackbacks(0) |