スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

入院

11月28日(火) 天気晴れ 体重測定せず

まずはじめに、みなさま心配をおかけしてすみませんでしたあせあせあと、暖かいコメントと応援メッセージありがとうございましたぴかぴかとても、励みになりました。
お休みしていた2日間を簡単にまとめさせていただきます鉛筆2
11月26日、いーちゃんの無呼吸は夜通し続きました。私たちが毎回アンビューをもむ光景を見ているよつ葉が…

よつ葉:「いーちゃん、大丈夫?」
いーちゃん:「お姉ちゃん、今は苦しくないよ〜泣き顔
よつ葉:「いーちゃん、チューしてあげるキスマーク
いーちゃん:「しんどいのに…ムニョムニョ
うちのチビチビナースがお手伝いたらーっもう、間違って頭にはアンビューをあてません。この日も、10〜15分ごとに無呼吸が来ていましたポロリ一応、27日が遠い方の病院だったので父ちゃんは3時から寝てもらいましたzzzそれから、朝まではいーちゃんと無呼吸との闘いでした。

11月27日、朝一で近所の主治医の先生に受診しました。先生に相談したら「呼吸器をつけるなら遠い方に行った方が良い」と言われ、結局は来るまでアンビューをもみながらの移動となりました車病院までは、早くて車で30分…幸い高速も混まずに行けました。着いて、即診察…とは言っても、顔を見ただけでした。すぐに、先生たちが待機している救急病棟に上がり診察しました。その間も、何度も無呼吸が起きました汗4人の先生は、無呼吸の監察をしてどのような無呼吸か状態を診ていました眼鏡
先生たちの会話によると…「無呼吸の型は、痙攣性・中枢性・閉塞性の3つが考えられるのではないか。」と言うことでした。呼吸器より先にバイパップ(簡単に言えば簡易型人工呼吸器とでも言うのか)が用意されました。この機械は、睡眠時無呼吸症候群の人にも使われるもので3秒以上呼吸が止まっていたら自動的に機械から空気が送られる仕組みになっているものです。機械は、小さくておせんべいが入ってる箱くらいの大きさで先にマスクが付いたものです。けっこう大そうに見えるし、苦しそうに見えますが本人は少し楽なようです。こんな感じです。

すごい大きいでしょう?27日は、しばらくいーちゃんの傍らに居ましたが私も安心してか船を漕ぐ始末…船そんな私を見かねて父ちゃんが「帰ろうか」と言ってくれたので帰ることに。まだ、少し無呼吸が出ていたので後ろ髪を惹かれる思いで帰りました。この病院は完全看護なので付き添えませんあせあせだから、寝る前にもう一度電話してその後の様子を聞きました。落ち着いたと聞いて、二人でほっとしましたニコニコこの日は、久々に良く眠れました眠たい

11月28日、今日は、父ちゃんもさすがに仕事なので私一人で行きました自動車今日は、午前中に脳波検査と聞いてたのに明日に延期になっていました悲しいでも、いーちゃんは、すやすやお休み中…zzz
入院時に、ミルク中に無呼吸で誤飲したら大変なので一時的に経管栄養となりました。でも、今日はSPO2が時々下がるだけみたいで私が居る間は、無呼吸は起こらずに経過しました。ミルクも、口から試すことに嬉しいいつもは、1回100mlですが、50mlに減らされてるため足りない様子。泣いています泣き顔でも、チュッチュと抱っこで少し気がまぎれたのか眠そうにしていました。

いーちゃん「母ちゃん、ぜんぜん足りないよ〜!!チュッチュちょうだいよどんっすやすや…zzz」とこんな感じかなぁたらーっ
暇な母ちゃんは、いーちゃんと写真を撮ることにカメラいい感じ!?

こんなことは、落ち着いていないと出来ないので落ち着いたことが、とても嬉しかったです楽しいそうこうしてたら、先生が来て…
「無呼吸があまり続くと、このマスクはよくない。→皮膚が弱いため・圧迫することで顔の変形が見られることもある。あまり、頻回になると気管切開のほうがいーちゃんにとって楽である。」と説明され、他にも帰ってからのことや今後のことを話しました。

今回、思ったこと…やはり、いつもより長い無呼吸が起きたら即病院へ行こう。早期診断、早期治療って言いますもんね!次回から、気をつけよと思います。入院自体は、無呼吸とうまく付き合っていける方法をマスターしてからとなりました。
今日は、長々と書いてしまいましたあせあせなんと、文章力のない私…ポロリ
あすも、病院に行ってきますパー
posted by: いーちゃんママ | 入院 | 21:57 | comments(16) | trackbacks(0) |